2009年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年10月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

V70最後のドライブ

長年、我が家M.ダックスミニチュア・ダックス*ブラックタン*絵文字名を入力してください男の子のたくさんの思い出をつくってくれ、走り続けてくれた愛車ともうすぐ
お別れすることになりました・・・えーん

V70-1.jpg
我が家の愛車 99年式 VOLVO V70 NORDIC

新車販売を終了していたこの車の程度の良い中古車を探し続け、我が家の家族に加わった
のが、まだアンジュもいなかった今から8年前。

我が家に来た時は走行距離が17,000km、8年が経過して現在、122,000km。実に8年
で10万5千キロも我が家を旅先まで、目的地まで、安全に、快適に走ってくれましたbikkuri01

特に我が家は関西や長野に大量の荷物で、旅行に行くことが多かった為、その荷物を大量
に積み込むことができ、かつ長距離も疲れにくい設計のシートのおかげで、ロングドライブも
快適に走ることが出来た8年でした。

茅ヶ崎に引越してからは、周りの道の狭さから3度もこすってしまい・・感動◇、もう一回り小さい
車の必要性と走行距離から来る交換部品や今後の車検費用の増加などから、買い替える
ことにしました。

個人的には、同じ年式のこの車の低走行距離の中古を再度、探しても良いと思う程で、
絵文字名を入力してくださいもデザイン面では、この車が大好きというほどなのですが・・やはり少し大きいはぁ

ということで、次の車を探すことになり、半年が過ぎ、紆余曲折を経てようやく最近決まった
ので、最後の休日は今までの感謝を込めて、景色のいい箱根にドライブに行ってきましたニコッ♪

V70-2.jpg

この赤色が山と空にも、海と空にもよく似合ったんだな~ 特にこの後ろから見る姿がいいんだよな~

V70-3.jpg

アンジュもシエルも、色んな所に連れて行ってくれて感謝しています幸せ
もちろん絵文字名を入力してください男の子も、言いつくせないほど、感謝しています。ありがとうbikkuri01
スポンサーサイト

| バイク・車 | 23:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

次の愛車選び

車を選ぶことになり、まずは環境面では、
・家の周りが狭いので、今のボルボV70よりもコンパクトな車が一番、重要bikkuri01
 (横幅が180cm以下、長さは今よりも20cm位短いくらい)

次にM.ダックスミニチュア・ダックス*ブラックタン*と快適に過ごす為には、

・4ドア以上で、後席にゲージが置けて、旅行の荷物も積み込める大きさ
ミニチュア・ダックス*ブラックタン*が音に敏感なので、静粛性の高い車


次に絵文字名を入力してくださいの希望は、

・今よりも絶対、小さい車で、ミラーを自動でおりたためること
・V70のように、ある程度四角いデザインの車
・出来れば、乗り換えた感じが高くなるような、今よりも少し車高が高い車

・出来ればシートヒーターがある車(冬に駅まで迎えにいく時に必要らしい)

最後に男の子の希望は、

・理想はポルシェのケイマン、次に新型ボルボXC60、小さいのであればFIAT500
・出来ればサンルーフと本革シートがあれば・・長距離走行もあるのでクルーズコントロール
 もあれば(今のボルボV70にある装備は付いていて欲しい)
・スポーティーな外観と走りの車(残念ながら、今の車は早くはない!)

ということでまずは、絵文字名を入力してください男の子で気に入っていたFIAT500を試乗することにニコッ♪

FIAT500.jpg

とにかく最高に可愛いの一言。コンパクト過ぎるほど小さく、排気量が小さい割には低速トルク
もあり、お互いにこの車にしようか・・と思ったのですが・・

・長距離・長期間の旅行では家族の荷物は、相当に制約される点
・ドアミラーが手動でサンルーフ等の快適装備もなしなど・・いま一つ
M.ダックスミニチュア・ダックス*ブラックタン*で年に数回の旅行には、やはり不便だ

てな訳で、歳を取って最後に乗る車にしよう!(その頃にこの車は・アイコン名を入力してください

次に同じディーラーさんで隣にあったALFAの147にも一応、試乗することに
当初は2人とも全然、この車のことなど気にしていなかったのですが、

①スポーティーな走りが最高に楽しい(絵文字名を入力してくださいはその点はどうでもいい)
②今よりコンパクト、かつ5ドアで荷物収納力も許容範囲。本革内装など装備も合格点
③バイクと同じイタリア製の車で、乗っている人が少なく、デザインも個性的

しかしながら、絵文字名を入力してくださいの希望である、
①車庫入れの際などにミラーが自動でおりたためない点
②セミオートマなので、坂道発進や停止後の直角でのアクセル操作が難しい点
で今一つ、気に入りませんでした。

この2台は、今でも乗りたい車であるのですが・・
やはり重要なことは、私たちのライフスタイルでは、どの車が今の時点で一番良いかを
よく考えて見ることにしたのでした・・うーん

| バイク・車 | 23:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

2009年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年10月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。